HOME | INTRODUCE

御舟宿いろは


Onfunayado Iroha

築220年、
  旧魚屋萬蔵宅。

edo.jpg 4-2.jpg showa.jpg kantoku.jpg
江戸 〜 令和

龍馬と紀州藩談判の場に

当店は、約1800年頃(文化文政時代)の建造物になります。幕末、魚屋萬蔵という商人が瀬戸物屋として開業。このとき、龍馬が訪れることとなります。
〜いろは丸事件〜
慶応3年(1867年)4月23日深夜、坂本龍馬と海援隊士34名を乗せ、海援隊初の航海へと船出した「いろは丸(45馬力・160t)」は瀬戸内海を大阪に向けて航行中、現在の福山市宇冶島沖で紀州藩の軍艦「明光丸(150馬力・870t)」と衝突事故をおこしました。小さな蒸気船いろは丸は大破し、明光丸に鞆の浦に曳航される途中、沈没。この海難事故の賠償交渉を万国公法(当時の国際法)にのっとり、当店で行われました。

取り壊しの危機

幕末以後、持ち主が代わりつつ現代まで建物が残ってきました。近年空き家となり、2003年、売りに出されたものの買い手がつかず、取り壊し危機に直面します。そこで急きょ、NPO法人 鞆まちづくり工房が1,100万円の借り入れを行い購入し、応援してくださった多くの方々のご協力のもと現在のかたちとなりました。

 監督との出会い

宮崎駿監督は2004年、スタジオジブリの社員旅行で来訪されました。宮崎監督は鞆が大変気に入り、05年〜06年にかけて3ヶ月間、滞在され、鞆の古い町を眺めながら「崖の上のポニョ」を構想されました。このとき、まだ修復途中であった いろは にも訪れ、建築図などを見られ、現在の いろは をデザインしてくださいました。

 現 在

 たくさんの方々に支えられて、当店は2010年に開業いたしました。鞆の浦にあった歴史、記憶を色濃く残していく為、出来る限りの復元工事をしております。また、宮崎監督にデザインして頂いたことで、更に後世へと残せる建物になった事、感謝しております。スタッフ4名で営んでいる小さな町家宿ですが、少人数だからこそ出来るおもてなしの心でお待ちしております。
御舟宿いろは
Hideko Matsui Yusuke Watanabe Yukie Fujimoto Daisuke Matsui


Special Thanks
NPO法人 鞆まちづくり工房
スタジオ・ジブリ
大成建設
鈴鹿建設
野島工務店


Created by
food - Yusuke Watanabe
photo - Masaki Matsuda(food) , Daisuke Matsui(other)
movie - Tomoaki Henmi , Masaki Matsuda
homepage - 鞆待宿

目 次


Contents